便秘をより早く治すために ③ ~ 便を柔らかくするレシピ

今回ご紹介するのは「便を柔らかくするレシピ」です。デザートとしてもおいしい!と患者さんからもご好評の「フルーツ寒天ゼリー」です。

便秘の方の便はコロコロと固く、強くいきんで出すこともあり、排便時に腸壁や肛門を痛めるリスクがあります。

寒天は、便を滑らかにするためこのリスクを抑えます。また、何よりも便秘の改善になります。

前回ご紹介した「便通に即効性のあるレシピ」(大根の梅干し煮)に負けず劣らず、即効性もあります。

●フルーツ寒天ゼリー

材料(12㎝×12㎝のタッパ2つ分ができます)
・寒天(粉、あるいは棒)  :5g
・水            :400㏄
・100%果実ジュース    :200cc(位)
・果物(生、あるいは缶詰 ):200~300g(位)
・てんさい糖 :大さじ1~3杯(位)
*甘さや果物の量は、お好みで調整して下さい。

作り方
1.寒天(棒寒天はちぎっておく)を分量の水につけ、しばらく置いてふやかす。

2.弱火~中火にかけて、寒天をよく溶かす。
棒寒天を使っている場合、かすかに海の香りがして心地いいです。

3.沸騰したら、ジュース、果物、てんさい糖を入れよく混ぜる。ここで味を確かめ甘みを調整する。

4.さらに軽く沸騰させる。

5.タッパなどに流し込み、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる。

●寒天って?

寒天はテングサなどの海藻からできています。棒寒天を煮溶かしたとき、ぷ〜んと海の香りがするのはこのためです。
食物繊維を含んでいるので、ダイエットにもいいといわれています。常温で固まるのも特徴の一つです。

●自分で作るメリット

市販のゼリーを食べる方がお手軽ですが、自分で作ると防腐剤、着色料、人工甘味料などの食品添加物を取らずにすみます。また、どの程度の甘さにするのか、また甘みを何でつけるか、など自分で選び、調整ができます。

私はここ数年来白砂糖をやめて、「てんさい糖」を使っています。「てんさい糖」は甜菜(テンサイ)という植物の根に蓄えられた糖分を抽出したものです。「てんさい糖」には腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれ、お腹にやさしいと言われています。

白砂糖の取りすぎは体温を低下、カルシウムの低下などを招く他、白砂糖が生成される過程で大量の化学薬品が使われることも、問題点としてあげられています。

自分で作る最大のメリットは、体に良い材料を調味料も含めて選択できることだと思います。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。